永代供養のあり方が変わる

永代供養のあり方が変わる

世の中が一昔前と様変わりになってきています。


それに伴い永代供養のあり方も変わる様相を呈していますから、人ごとのように済ませないで、真剣に考える必要があります。
人が都心部へ集中し、その人たちの出身地である地方は、お年寄りだけが残るという現象が日本中のあちらこちらに起きています。医療や介護の問題や食生活の課題などを孕んでいて対応が迫られていますが、同時にお寺さんやお墓の問題も実はあるのです。


お寺さんのほとんどは檀家とのつながりで、葬儀や法事、そして寄付や付届けなどでは成り立っていますが、人口の減少とともに先細りになっていく傾向は否定できません。

となると、少し長い目で見れば、お寺さんもこのままの流れではやっていけなくときがやがて来るという運命にあります。
となると、お墓を持っていて、亡くなった方の永代供養はそこで行えばという根底が崩れるということになります。
やってもらいたくても、手がないということが起きる可能性があるというとことなのです。



そのことを考えると、現在生活の拠点としている場所の近くで、永代供養をしてもらえるところを確保する必要があるというわけです。


最近は、マンション式の納骨堂などもあり、一定のまとまった金額を用意すれば永代供養はもちろん、仏事関係の行事やその他の一切合切の面倒を見てくれるところも出てきています。

商魂たくましいビジネスと思いがちにはなりますが、そうしたニーズが多くなっている証左でもあります。

日本経済新聞を手軽に利用してみませんか?

どうやら、真剣に将来に向かってどうするかを考え、対処しなければならない時代になっているようです。



Copyright (C) 2016 永代供養のあり方が変わる All Rights Reserved.