葬儀の新しい形、樹木葬のススメ

葬儀の新しい形、樹木葬のススメ

高齢化が進むにつれて、都会の霊園の不足や葬儀やお墓の費用負担など、様々な問題が存在しています。

それは、最期を迎える本人だけではなく、その子供や孫の世代にも及び、現代日本にとって、葬儀の仕方については、誰もが真剣に考えなければならない課題となっています。

そんな中、新しい葬儀のスタイルとして浮上しているのが、樹木葬などをはじめとする方法です。



人は死んだら土に帰るという昔からの自然回帰の思想と、木々と共にまた生命が生まれ変わる輪廻転生の考えが上手くマッチし、多くの方に支持されているのです。
このような樹木葬は、新しいスタイルの葬儀と思われがちですが、実は、日本人は、古来よりこのような思想を持っており、墓石を立てるスタイルは、実に近代のものなのです。

47NEWSに有効な情報の紹介です。

樹木葬は、まさに墓石のかわりに樹木を植えるもので、行政の許可をとった霊園や墓地に遺骨を埋葬します。


海への散骨などは、自然葬に当たりますが、樹木葬は、許可が必要となります。


通常の葬儀に比べ、低コストで済む他、継承者なしの場合でも永代供養で弔ってくれるところが最大のポイントとなるでしょう。



宗教や思想に関係なく、誰でもこの方法を採用することが可能です。
「里山」タイプと、「公園」タイプに大きく分けられ、里山は、文字通り山深い場所への埋葬で、自然と一体化する、環境保護に貢献できるという良さがあります。
一方公園タイプは、施設内に個別区画、または合同区画を設ける形となります。

Copyright (C) 2016 葬儀の新しい形、樹木葬のススメ All Rights Reserved.