永代供養のメリットとデメリット

永代供養のメリットとデメリット

永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、管理や供養を行ってくれる供養方法です。

少子化や供養に対する意識の変化などから墓を持たない供養方法のひとつとして認識されています。永代供養には、メリットとデメリットがあります。



永代供養のメリットとしては、墓を建立することに比べると費用がかからない事の方が多いという金銭的なメリットがあります。


また、永代で供養してもらうことができるため、子どもなどの残された家族や親族が墓の管理をする必要がありません。
さらに、永代供養墓は、複数の人が訪れるため交通の便が良い場所にあるなど立地条件が良いことが多いです。

デメリットとしては、依頼する寺院や霊園、形式にもよりますが、一度遺骨をおさめると他人の遺骨と一緒になり、二度と取り出すことができなくなります。

日本経済新聞情報をお教えします。

また、永代と提示されていても実際には、33回忌や50回忌の合祀だけという場合もあるため、事前確認が必要になります。目に見えるメリットとデメリットとは別に精神的もしくは宗教的な問題が残る場合があります。



墓の管理や維持のためには、ある程度の労力と時間が必要となります。

しかし、その一方で、故人と残された人々との絆や残された家族同士の絆を育むこともあります。
合祀墓形式を選ぶと、他人の遺骨と一緒になってしまうため、残された家族や親族の感情的な問題が出てくることもあります。

そのため、後々問題にしないようにするためにも家族や親族間での話し合いが必要となります。


Copyright (C) 2016 永代供養のメリットとデメリット All Rights Reserved.