永代供養をするメリットとデメリット

永代供養をするメリットとデメリット

日本は昔と比べると、家族の形や供養に対する考え方が大きく変わりました。

地方では、お墓を継続して管理できる人が居らず、きちんとした物を作りたくても作ることができないという人が多いです。
都市部ではお墓を管理できる人がいるにも関わらず、お墓を作ることのできる土地がないため、作ることができないという人がいます。

住んでいる土地によって事情が異なりますが、どちらの事情にも対応できるのが永代供養という方法です。永代供養とはお墓を管理できない人やお墓を作ることができないという人の代わりに、お寺が供養や掃除などの管理をしてくれるという供養の方法のひとつです。


永代供養のメリットは費用が安いという特徴がある為、金銭面での不安がある人でも利用することができます。

また、定期的にお墓参りに行けない人の代わりにお墓参りをしてくれるので、管理することが難しくてもお墓を持つことができます。

自分で土地を用意する必要がないため、都市部に住む人もきちんとした供養をすることができます。



しかし、永代供養はお寺がすべてを管理してくれる年数が決まっているというデメリットがあります。

livedoorニュースの情報が沢山詰まったサイトです。

中には、お寺が継続して管理できる限り、供養などを行ってくれるところもありますが、多くの場所で期限が決まっています。
その期間が過ぎてしまうと、遺骨を一か所にまとめる合祀という方法で埋葬されます。



ですから、お墓をずっと残していきたいと考えている人はお寺とよく相談をしなければなりません。
メリットとデメリットを踏まえたうえでどのような供養の方法をとるべきか考えましょう。


Copyright (C) 2016 永代供養をするメリットとデメリット All Rights Reserved.